★最優秀賞(日本大使賞)受賞者は日本に一週間招待

★受賞作品は書籍として出版

★三等賞以上の受賞者に最大480万円の奨学金応募資格を授与

 

 

 

コンセプトとテーマ

「ポストコロナの日中交流」

※テーマに関する趣旨説明

■応募資格

中国の学校で日本語を学ぶ中国人学生
 
※学校とは、中学・高校・専門学校・大学・大学院を指す(社会人は不可)

■受付期間
2021年5月20日(木)5月31日(月)
締切は5月31日(月)必着  中国時間午後11時59分まで

■体裁 字数:本文=横書き、全角(漢数字)1500~1600字(厳守、スペースを含めない)
形式:Word等の文書ファイル

■応募方法 第17回「中国人の日本語作文コンクール」より、応募方法を一部変更します。詳しくは次のページをご参照下さい。重複応募禁止!!!

■審査方法
「一次審査」では、コンクール事務局を中心とする一次審査員が査読・審査(採点)をします。
「二次審査」では、一次審査で上位に選出された作文を、有識者による二次審査員が採点します。
「三次審査」では、二次審査による合計得点の高かった学生に対し、口述審査を行います。
「最終審査」では、在中国日本国大使館が審査をします。それを受けて最優秀賞(日本大使賞)をはじめとする各賞を決定します。

■賞

最優秀賞1人(賞状+日本に一週間招待)
一等賞 5人(賞状+5万円相当の賞品)
二等賞 15人(賞状+3万円相当の賞品)
三等賞 40人(賞状+1万円相当の賞品)
佳作賞 100人
(受賞者氏名をHPと書籍に掲載。また表彰式参加者には書籍を贈呈し、懇親会に招待します。希望者には電子版賞状をメールで送付)

※協賛により賞品が変更されることがあります。
※賞状と賞品は原則として表彰式当日、学校単位で授与します。一等賞、二等賞、三等賞受賞者が欠席された場合、表彰式の際に、同じ学校の出席者にことづけるか、または表彰式後に賞状と受賞作品集(1冊)を郵送します。

※三等賞以上の受賞者は、受賞者登録表(履歴書)の提出が必要です。受賞が内定された方には登録表をお送りします。


■団体応募園丁賞
団体応募数が50本以上の学校には、「園丁賞」として学生の日本語能力向上に貢献された功績を讃え、賞状と賞品を贈呈いたします。
※送付方法については別途案内します。
※これまでには応募数最多の大学に書籍(約20万円分)を贈呈しました。
(過去の「園丁賞」受賞名簿はこちら)

■優秀指導教師賞 日本語教師の日ごろの努力とその成果を讃え、三等賞以上の受賞者を育てた教師個人に、 賞状と記念書籍を贈呈いたします(表彰式への参加者のみ)。
なお、一等賞以上の指導教師には「私の日本語作文指導法」のご執筆と、表彰式でのご挨拶をお願いします(必須)。

■表彰式 2021年12月12日(日)北京の日本大使館にて開催予定。

■結果発表
入賞者にメールでお知らせすると共に、日本僑報社ホームページ、微博、微信、メールマガジン「日語作文大賽月報」、「日本僑報電子週刊」、ブログ「段躍中日報」にて発表します。
また同時に、日中両国のマスコミにも発信します。

■特集頁
第 1 回中国人の日本語作文コンクール特集
第 2 回中国人の日本語作文コンクール特集
第 3 回中国人の日本語作文コンクール特集
第 4 回中国人の日本語作文コンクール特集
第 5 回中国人の日本語作文コンクール特集
第 6 回中国人の日本語作文コンクール特集
第 7 回中国人の日本語作文コンクール特集
第 8 回中国人の日本語作文コンクール特集
第 9 回中国人の日本語作文コンクール特集
第10回中国人の日本語作文コンクール特集
第11回中国人の日本語作文コンクール特集
第12回中国人の日本語作文コンクール特集
第13回中国人の日本語作文コンクール特集
第14回中国人の日本語作文コンクール特集
第15回中国人の日本語作文コンクール特集
第16回中国人の日本語作文コンクール特集

■注意事項 ① 応募作品は返却しません。また、受賞作品の著作権は日本僑報社・日中交流研究所に帰属することをあらかじめご了承ください。
② 募集要項(文字数、応募期間、送付方法など)を遵守いただけなかった作文は審査対象外になる場合があります。
③ 応募作品は、応募者自身のオリジナルであり、国内外で自作未発表のものに限ります(他コンクール・媒体等への重複応募、重複投稿は、これを固く禁止します)。
④ 応募作品に他文献・論文・インターネット等からの盗用・剽窃が認められた場合、主催者はこれを不正行為と見なし、確認時点で、当該作品の応募を失格とします。
⑤ 受賞発表後の作品、また過去の受賞作品に他文献・論文・インターネット等からの盗用・剽窃が認められた場合、主催者はこれを不正行為と見なし、確認時点で、当該作品の受賞を取り消します。

■主催 日本僑報社・日中交流研究所 (所長:段躍中)

■協賛
 
■メディアパートナー
■後援
在中国日本国大使館
(公社)日本中国友好協会、日本国際貿易促進協会、(一財)日本中国文化交流協会、日中友好議員連盟、(一財)日中経済協会、(一社)日中協会、(公財)日中友好会館、日本日中関係学会、(一社)アジア調査会、中国日本商会、北京日本倶楽部
■協力 長沙中日文化交流会館、(公財)日中国際教育交流協会

 

 ★★★★★
第 1 回受賞作品集『日中友好への提言』
第 2 回受賞作品集『壁を取り除きたい』
第 3 回受賞作品集『国という枠を越えて』
第 4 回受賞作品集『私の知っている日本人』
第 5 回受賞作品集『中国への日本人の貢献』
第 6 回受賞作品集『メイドインジャパンと中国人の生活』
第 7 回受賞作品集『甦る日本 ! 今こそ示す日本の底力』
第 8 回受賞作品集『中国人がいつも大声で喋るのはなんでなのか?』
第 9 回受賞作品集『中国人の心を動かした「日本力」』
第10回受賞作品集『「御宅(オタク)」と呼ばれても』
第11回受賞作品集『なんでそうなるの?』
第12回受賞作品集『訪日中国人、「爆買い」以外にできること』
第13回受賞作品集『日本人に伝えたい中国の新しい魅力』
第14回受賞作品集『中国の若者が見つけた日本の新しい魅力』
第15回受賞作品集『東京2020大会に、かなえたい私の夢!』
第16回受賞作品集『コロナと闘った中国人たち』
 
 
(第二回受賞作品集は朝日新聞書評委員より高い評価を受け、「今年の3点」に掲載)


 
日本語作文コンクール総合案内
http://duan.jp/jp/

 

 

 




2008年より最優秀賞受賞者に「日本大使賞」を授与
日本大使賞受賞者の訪日特集はこちら
2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年
2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年 
 

中国人の日本語作文コンクール受賞作品集一覧

第1回表紙 第2回表紙 第3回表紙 第4回表紙 第5回表紙
 
第6回表紙 第7回表紙 第8回表紙 第9回表紙 第10回表紙
 
第11回表紙 第12回表紙 第13回表紙 第14回表紙 第15回表紙

 

 


「中国人の日本語作文コンクール」年間スケジュール予定

1月中旬: その年の募集要項を正式発表
5月下旬: 作文応募受付(5月31日締切) 
※6/10頃までに事務局から「受付済み」Mailがなければ、お申出のこと。
7月上旬: 園丁賞発表(記念書籍のお申し込みは8月31日まで)
9月下旬: 佳作賞以上の入賞者を発表
10月上旬: ①-3等賞以上の入賞者を発表 ②
-口述試験実施  ③-入賞作文校正のお願い
10月中旬: 表彰式の参加要領、招待状などを送付(該当者のみ)
11月上旬: 最優秀賞・日本大使賞を発表
11月中旬: 表彰式出席・欠席受付締切
12月12日: 北京で表彰式開催