コロナと闘った中国人たち―日本の支援に「ありがとう
コロナと闘った中国人たち―日本の支援に「ありがとう
商品ID 305
商品名 コロナと闘った中国人たち―日本の支援に「ありがとう
価格 2,200円
商品説明
ltrpar第16回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集
コロナと闘った中国人たち
――日本の支援に「ありがとう!」伝える若者からの生の声
特別収録「私の日本語指導法」

―――――――――――――――――――――――――

【内容紹介】
本書には第16回の3等賞以上の受賞作品、計81本を掲載しています。今回の応募テーマは、@新型肺炎と闘った中国人たち――苦難をいかに乗り越えたか A新型肺炎から得られた教訓や学んだこと Bありがとうと伝えたい――日本や世界の支援に対して――の3つ。最優秀賞に選ばれた萬園華さんの「私たちを言葉が繋ぐ」は、今年の新型コロナ流行に対して、日本から送られた支援物資とそこに書かれていたメッセージ、そして2008年四川大地震に駆けつけた日本の救援隊の真摯な姿を重ね合わせて、感謝の意を表すとともに「将来、一人前の通訳者になるために日本語をしっかり学ぶ」と意欲を新たにする作品。こうした中国の若者たちの「生の声」からは、日中関係の明るい未来への希望が感じ取れることでしょう。【中国人の日本語作文コンクールとは】

【中国人の日本語作文コンクールとは】
日本僑報社・日中交流研究所が主催する「中国人の日本語作文コンクール」は、日本と中国の相互理解と文化交流の促進をめざして、2005年にスタート。中国の学校で日本語を学ぶ中国人学生を対象として、2020年で第16回を迎えました。この16年で中国全土の300校を超える大学や大学院、専門学校などから、4万9287人が応募。中国国内でも規模の大きい、知名度と権威性の高いコンクールへと成長を遂げています。作文は一つひとつが中国の若者たちのリアルな生の声であり、貴重な世論として両国の関心が集まっています。

―――――――――――――――――――――――――

【編者紹介】
段躍中(だんやくちゅう)
日本僑報社代表、日中交流研究所所長。1958年中国湖南省生まれ。有力紙「中国青年報」記者・編集者などを経て、1991年に来日。2000年新潟大学大学院で博士号を取得。
1996年日本僑報社を創立。以来、書籍出版をはじめ、日中交流に尽力している。2005年から作文コンクールを主催。2007年に「星期日漢語角」(日曜中国語サロン、2019年7月に600回達成)、2008年に出版翻訳のプロを養成する「日中翻訳学院」を創設。
2008年小島康誉国際貢献賞、倉石賞を受賞。2009年日本外務大臣表彰受賞。北京大学客員研究員、湖南大学客員教授、立教大学特任研究員、日本経済大学特任教授、湖南省国際友好交流特別代表などを兼任。主な著書に『現代中国人の日本留学』『日本の中国語メディア研究』など多数。
詳細:http://my.duan.jp/

―――――――――――――――――――――――――

第16回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集
コロナと闘った中国人たち
日本の支援に「ありがとう!」伝える若者からの生の声
特別収録「私の日本語指導法」
編 者 段躍中
出 版 日本僑報社
判 型 A5判 276頁
定価 2000円+税
発行 2020年12月12日
ISBN 978-4-86185-305-0  9784861853050
注文先 http://duan.jp/item/305.html
 
数量 (ご注文数をお入れください)

  ご注文画面にすすむ   ご贈答用注文画面にすすむ 戻る