現代日本語における否定文の研究
現代日本語における否定文の研究
商品ID 54
商品名 現代日本語における否定文の研究
価格 8,640円
商品説明
大東文化大学 鈴木康之教授 推薦
目次
---------------------------------------------------------------
              第一部 序論
---------------------------------------------------------------
はじめに
第一章 否定の概観
 1.否定とは
 2.否定の性格ー反義語を中心に
 3.文法用語としての否定
 4.形態論における否定
 5.文における否定の基本的な意味
第二章 テキストにおける肯定と否定
 1.肯定・否定とコンテクスト(その1)
 2.肯定・否定とコンテクスト(その2)
第三章 アスペクト・テンスの基本的な意味
 1.アスペクト・テンスの体系
 2.アスペクト・テンスと他のカテゴリーとの関係
 3.アスペクト・テンスの基本的な意味
第四章 日中語の形態論における否定の相違
 1.動詞述語文における否定
 2.形容詞述語文における否定
 3.名詞述語文における否定
第五章 使用資料
---------------------------------------------------------------
             第二部 本論
---------------------------------------------------------------
はじめに
 1.会話文と地の文
 2.本論の目的
第一章 会話文における肯定と否定
 1.肯定のアクチュアル化と否定の非アクチュアル化
 2.テキストにおける肯定形・否定形の対称性と非対称性
 3.否定のアスペクト・テンス体系
第二章 会話文における個々の否定形の意味用法
 1.完成相の否定形を述語とする文
  1.1.「しない」
  1.2.「しなかった」
 2.継続相の否定形を述語とする文
  2.1.「していない」
  2.2.「していなかった」
 3.まとめ
第三章 地の文における肯定と否定
 1.地の文における否定を条件づける場と肯定的な想定
 2.否定文が使用される具体的なコンテクストのタイプ
 3.地の文における否定のアスペクト・テンス
第四章 地の文における個々の否定形の意味用法
 1.完成相の否定形を述語とする文
 2.継続相の否定形を述語とする文
 3.まとめ
第五章 否定文の特殊化現象
 1.修飾語による特殊化
 2.「〜ほど」などの修飾節による特殊化
 3.規定語(節)による特殊化
 4.アスペクト・テンスと特殊化
 5.動詞の性質による特殊化
---------------------------------------------------------------
            第三部 結論
---------------------------------------------------------------
 1.序論
 2.本論
 参考文献
 あとがき
★博士文庫一覧★
 
数量 (ご注文数をお入れください)

  ご注文画面にすすむ   ご贈答用注文画面にすすむ 戻る