もう 日本を恨まない
もう 日本を恨まない
商品ID 064
商品名 もう 日本を恨まない
価格 2,700円
商品説明
【内容紹介】中国の若者に「日本と日本人」を少しでも理解してもらい、「日本嫌い」を一人でも減らしたい、そして、「日本ファン」を一人でも増やしたい、と願って、夫婦で始めた「日本語交流」活動は、十九年が過ぎた。曲折を経てきた日中関係は、首脳の相互訪問の再開や高校生の相互交流など、友好増進の機運が高まりつつある。日中国交正常化三十五周年を迎えた二〇〇七年に実施した「第二回・中国の大学院生『日本語作文・スピーチ・討論』コンテスト」を最後に、夫婦の「日本語交流活動」は幕を閉じる。(本書の「はじめに」より)
国際交流研究所が中国日語教学研究会などの協力で実施した十二回の「中国の大学生、院生『日本語作文』コンクール」と、二回の「中国の大学院生『日本語作文・スピーチ・討論』コンテスト」に応募のあった合計1万6千余編の作文(スピーチを含む)のうち「入賞作文約900編」を読み直し、「日本人に、読んでもらいたい」作文154編を選び出した。その入賞作文(全文、一部省略、抜粋)と、受賞した学生の「今」、そして、折に触れて送られてきた手紙、メール、写真などを内容別にまとめたのが本書だ。(本書の「序章」より)
-------------------------------------------------------
マスコミに取り上げられたこの本の 書評はこちら
-------------------------------------------------------
目次
序章・「活動」の動機と経緯
一章・「日中友好」を願い続けて
一節 「日本を思う」―十四、五年前の学生  
二節 「自然体で、何でも言い合える」関係を!  
二章・日本語を勉強して、良かった!
一節 「もう、日本を恨まない!」  
二節 「日中の架け橋になりたい!」  
三章・選んだ!「日本語教師」の道
―「夢」を実現するために― を実現するために―
四章・「歴史問題」と「日本語との縁」
一節 「歴史問題」と「日中友好」  
二節 「日本語との縁」―学習のきっかけ  
五章・大学院生の提言!「日中の責任と課題」
―国交正常化三十五周年を迎えた「日中関係」の今後― 常化三十五周年を迎えた「日中関係」の今後―
終章・「日本語交流」―十九年間の足跡
------------------------------------------------------------------
国際交流研究所 大森和夫・弘子編著
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
大森和夫・弘子編著書籍のご案内
 
数量 (ご注文数をお入れください)

  ご注文画面にすすむ   ご贈答用注文画面にすすむ 戻る