開催報告と謝辞
日本僑報社・日中交流研究所 所長 段 躍中



■概要■
主催:
日本僑報社・日中交流研究所
協賛:
株式会社ドンキホーテホールディングス、東芝国際交流財団
メディアパートナー:  朝日新聞社
後援:
日本国外務省、文化庁、在中国日本国大使館、(公財)日中友好会館、日中文化交流協会、日中友好議員連盟、(公社)日中友好協会、(一社)日中協会、日本国際貿易促進協会、(一財)日中経済協会、中国中日関係史学会、中国日本友好協会、中国日本商会、北京日本人会、日本日中関係学会、アジア調査会
協力:
日中文化交流センター、NPO日中交流支援機構、(公財)日中国際教育交流協会、カシオ計算機、人民網、北京放送、チャイナネット、北京週報日本語版、新華網日本語版、東方網日本語版、濾江日語網、レコードチャイナ、中国日語教学研究会、深セン中日経済文化交流促進会、広州留東同学会、長沙中日文藝愛好者協会

 
■審査の経過■
【一次審査】
  一次審査は、日本僑報社・日中交流研究所の「中国人の日本語作文コンクール」事務局が中心となって行いました。
審査開始前に、募集要項の規定文字数に満たない、あるいは超過している作品を審査対象外として、審査対象作品を査読員が採点しました。
今回の査読員として、左記の方々がご協力くださいました。
青島武英、石渊賢一、浦野紘一、川村明美、北島邦博、小林治平、小林さゆり、齋藤文男、坂本正次、佐藤則次、柴田修司、瀬口誠、鷹觜勝之、高橋文行、張珊珊、塚越誠、寺田昌代、中山孝蔵、永井秀史、長塚聡、萩野慶子、福本哲雄、松嶋忠信、武藤正美の各氏です(50音順)。
ご支援とご協力を賜り、誠にありがとうございました。
 
【二次審査】
  二次審査は、公正を期するために応募者の氏名と大学名を伏せ、受付番号のみがついた対象作文を審査員に採点していただく形で実施しました。
  今回は、左記の審査員15名が二次審査にご協力くださいました(50音順・敬称略)。
 
赤岡直人
岩楯嘉之
折原利男
金子 肇
杉山直隆
関 史江
瀬野清水
高橋文行
谷川栄子
塚越 誠
藤村幸義
二井康雄
古谷浩一
吉田弘之
和田 宏
(公財)日中国際教育交流協会 業務執行理事
NPO法人日中交流支援機構 事務局長
元埼玉県立高校教員、日中友好8・15の会会員
宮本アジア研究所 代表特別助理
ジャーナリスト
技術アドバイザー
元重慶総領事
日本経済大学教授
(株)Will National First Academy 代表
書家、日中文化交流の会 日本代表
日中関係学会副会長、拓殖大学名誉教授
映画ジャーナリスト、書き文字作家
朝日新聞中国総局長
アジア調査会事務局長
NHKグローバルメディアサービス、神奈川県日中友好協会会員
【三次審査】
 三次審査は、二次審査で得点の高かった学生に直接国際電話をかけて、口述審査を行いました。
 
【最終審査】
  最終審査は、二次審査と三次審査の合計点により選出した最優秀候補者と一等賞候補者計6名の作品を北京の日本大使館に送付し、大使ご自身による審査で最優秀賞(日本大使賞)授賞者を決定していただきました。

 
■各賞について■
  厳正な審査の結果、過去最多を記録した今回の応募作品数4749本の中から、264本の作者に各賞を授与しました。内訳は、最優秀・日本大使賞1名、一等賞5名、二等賞15名、三等賞50名、佳作賞193名です。
今回は、本コンクールの開催史上最多となる5000本に近い作品が寄せられたことから、主催者はこれを十分に考慮し、三等賞枠を従来の40名(本)から50名に、また佳作賞枠を従来の100名からほぼ倍にあたる193名にそれぞれ拡大いたしました。これにより佳作賞までの受賞者数は計264名となり、受賞者数も過去最多となった前回(156名)を大きく上回り、最多記録を更新しました。
 
■園丁賞について■
  学生たちの日本語能力の向上は、指導教師なくしてはありえません。そのため、日中国交正常化35周年にあたる第3回コンクールから、学生の作文指導に実績のある日本語教師を表彰する「園丁賞」(第3回の「園丁奨」より改称)を創設しました。
対象となるのは、応募校の中から団体応募の作文本数が50本を超えた学校で、当該校には賞状を授与しました。また、各校で日本語書籍が不足しているという実情を聞き、その一助になればとの思いから、最も応募作の多かった学校には30万円相当、100本以上の応募があった学校には10万円相当、50本以上の応募があった学校には5万円相当の書籍をそれぞれ寄贈いたしました。
日本語を学ぶ学生たちに存分に活用していただければ幸いです。
 
  今回の園丁賞受賞校は計40校です。受賞校と応募数は次の通り。受賞校の皆さん、誠におめでとうございます。
大連外国語大学(323)、大連工業大学(174)、浙江万里学院(171)、淮陰師範学院(157)、浙江農林大学(141学院(104)、青島大学(100)、東華大学(100)、西南交通大学(96)、湖州師範学院(90)、長江大学(90)、中南財経政法大学(89)、武漢理工大学(86)、嘉興学院(86)、大連理工大学城市学院(80)、貴州大学(69)、湘潭大学(65)、天津科技大学(61)、合肥学院(60)、大連東軟情報学院(58)、大連民族大学(58)、浙江師範大学(56)、福建師範大学(56)、北京科技大学(56)、天津財経大学(56)、大連理工大学(54)、 広東省外国語芸術職業学院(53)、太原理工大学(53)、大連大学(52)、恵州学院(52)、山西大学(52)、大慶師範学院(52)、海南師範大学(51)、南京師範大学(51)、山東交通学院(50)。
 
■新設の優秀指導教師賞と指導教師努力賞■
  従来のコンクールでは、学生を対象とした各賞の授与のほか、団体応募の作文本数が50本を超えた学校に対し、前述の「園丁賞」を授与してきました。今回からはこれらの賞のほかに、優れた指導教師個人をたたえる優秀指導教師賞、指導教師努力賞をそれぞれ創設いたしました。
これは中国で日本語を学ぶ学生たちに、日本語や日本の文化を熱心に教えている中国人教師、ならびに日本人教師の日ごろの努力とその成果をたたえるものです。
本コンクールにおいて優秀指導教師賞の対象となるのは、三等賞以上の受賞者を育てた日本語教師、また指導教師努力賞の対象となるのは、団体応募の作文本数が30本以上となった教師で、受賞者にはそれぞれ賞状と記念書籍が授与されました(両賞が重複した場合は、自動的に優秀指導教師賞の授与としました)。
 
  今回の優秀指導教師賞の受賞者は計84名です。受賞者と学校名は次の通り(順不同、敬称略)。
藤田炎二(山東政法学院)、肖瀟、濱田亮輔(東北大学秦皇島分校)、金華(華南理工大学)、李国寧(嶺南師範学院)、森本卓也(江西農業大学南昌商学院)、陳林俊、古田島和美(常州大学)、沈麗芳、王晶、佐藤孝志(西安交通大学)、岩山泰三(山東大学威海翻訳学院)、王雪松、神田英敬(武漢理工大学)、駒澤千鶴(国際関係学院)、堀川英嗣(山西大学)、加藤浩介(楽山師範学院)、山中純一(揚州大学)、大工原勇人(中国人民大学)、中上徹也(南京理工大学)、平野満寿美(黒竜江外国語学院)、岡沢成俊(広東外語外貿大学)、八木典夫(江西科技師範大学)、?真恵(遼寧大学)、宮山昌治、金璽?(同済大学)、西澤真奈未(吉林華橋外国語学院)、王瑩、裴麗(天津科技大学)、佐藤敦信(青島農業大学)、新村美有紀(山東財経大学)、古川翠(北方工業大学)、木村憲史(重慶大学)、馬聡麗、奥野昂人(西安財経学院)、徐微潔、濱田信敏(浙江師範大学)、舩江淳世(山東大学威海翻訳学院)、石田雄士(山東科技大学)、原田拓郎(広東海洋大学)、横山克志(鄭州大学)、佐藤朋子(南京農業大学)、遠山樹彦(瀋陽薬科大学)、岩下満(青海民族大学)、村瀬隆之(四川外国語大学)、瀬口誠(運城学院)、岩佐和美(東華大学)、汪?嘉(合肥学院)、林敏潔(南京師範大学)、福井啓子(長春工業大学)、余祖発(上海海事大学)、松本裕子(遼寧対外経貿学院)、山田高志郎(ハルビン工業大学)、雨宮雄一(北京師範大学)、後藤裕人(雲南民族大学)、中山一彦(長安大学)、鶴岡大歩(中南民族大学)、徐秋平、劉芳、村松憲一(西南民族大学)、須崎孝子(貴州大学)、割沢泰(海南師範大学)、孫薇(天津工業大学)、王丹、稲垣睦実(長春理工大学)、入江雅之、土肥誠(東莞理工学院)、山口文明(江西財経大学)、楊占偉、中山直己(東北財経大学)、桑山皓子(南京大学金陵学院)、森屋美和子(吉林大学)、程菱、斉藤順子(浙江大学城市学院)、薛紅玲(西北大学)、小柳麻由子(北京郵電大学)、鄭光峰(韶関学院)、二木康晴(煙台大学)、李濯凡(外交学院)、鄭栄愛(西南科技大学)、照屋慶子(嘉興学院)、松下和幸(北京科技大学)、村田幸一(太原理工大学)、川内浩一(大連外国語大学)。

 今回の指導教師努力賞の受賞者は計117名、受賞者と学校名は次の通りです(順不同、敬称略)。教師の皆様おめでとうございます。
久古政男、佐藤重人、磯部香、関承、迎由理男、喜田恵子、久津間英次、喜田栄次郎、藤野謙一、齋藤貢、黄一峰(大連外国語大学)、単麗(大連工業大学)、園和高(浙江万里学院)、富松哲博、趙徳旺(淮陰師範学院)、鈴木穂高、海野順二、遠藤明生(浙江農林大学東湖校区)、中尾真央、小川友里、今悠恭(華僑大学)、楊紅、程麗華、胡英姿(嶺南師範学院)、半場憲二、丸山陽馬(武昌理工学院)、不破明日香(寧波工程学院)、津田量、菅田陽平(北京第二外国語大学)、杜雪麗、李萍、張科蕾(青島大学)、曾建、王菲、徐臻、曾鴻燕、崔龍、郭玉潔(西南交通大学)、松下正行(湖州師範学院)、藤島優実、大石たえみ、美濃部大樹(長江大学)、雷洋(中南財経政法大学南湖校区)、胡?(武漢理工大学)、李月順(嘉興学院)、閻萍(大連理工大学城市学院)、呉衛平、陽際元、朱憲文、徐紅、胡俊、劉点、曾艶、梅暁蓮、楊淵斐(湘潭大学)、蘇琦(合肥学院)、中部洋子、木村エリ子、池上孝、小沼直子、道清直子、程?、近藤千文、藤井洋一、荒井勇、伊藤栄俊(大連東軟情報学院)、浦上早苗、高希敏、渡辺仁史、馬瑩石、喜君、張春梅、楊柏宏、有馬健、渡辺仁史、張紅(大連民族大学)、王海航(福建師範大学)、秦嵐(天津財経大学)、趙聖花、齋藤齊、飯田美穂子、伊藤貴恵(大連理工大学)、呉思佳(広東省外国語芸術職業学院)、金春梅、張晨曦、孫惠俊、張雪松、張艶菊、柯斌、劉培榮、高敬花(大連大学)、広瀬恵弥、横田浩一、水口友代、曾源深(惠州学院)、蘇伊娜、毘沢恵、于楊、張燕(大慶師範学院)、崔利梅、孫守峰、高発国、李娜(山東交通学院)、佐佐木雷太(山東大学威海翻訳学院)、曹亜輝、王華偉(天津工業大学)、曲朝霞、渡辺雄二(長春理工大学)、?在玲、吉田岳生、曹春燕、李錦淑、王淑一(青島農業大学)、何俊山(嘉興学院南湖学院)、福井啓子、南條淳(長春工業大学)、野口研(遼寧師範大学)。

■本書の刊行経過■
  日中交流研究所の母体である日本僑報社は、第1回の作文コンクールから受賞作品集を刊行しており、本書で11冊目となります。第1回からのタイトルは順に、『日中友好への提言』『壁を取り除きたい』『国という枠を越えて』『私の知っている日本人』『中国への日本人の貢献』『メイドインジャパンと中国人の生活』『蘇る日本!今こそ示す日本の底力』『中国人がいつも大声で喋るのはなんでなのか?』『中国人の心を動かした「日本力」』『「御宅」と呼ばれても』で、これら10点の作品集は多くの方々からご好評を賜り、各地の図書館、研究室などにも収蔵されております。
なお、本書掲載の作文はいずれも編集部が必要最低限の修正を加えたにすぎません。日本語として一部不自然な箇所があったとしても「学生の努力の跡が見られるもの」と考え、そのまま掲載いたしました。この段、どうかご了承ください。
今回のテーマは(1)日中青年交流について――戦後70年目に両国の青年交流を考える (2)「なんでそうなるの?」――中国の若者は日本のここが理解できない (3)わたしの先生はすごい――第1回 日本語教師「総選挙」in中国――の3つとしました。
「日中青年交流について」では、戦後70年の節目の年を迎え、過去の不幸な歴史を踏まえた上でこれからの若者交流はどうあるべきかについて、それぞれの率直な意見が綴られていました。その中には、自らの貴重な体験を通して「歴史を忘れてはならないが、恨みを次世代に伝えるべきではない」「直接的な交流をさらに深め、互いの真の姿を見つめたい」といった前向きな展望を抱く若者の声もありました。
「なんでそうなるの?」では、日本人自身もハッとさせられたという中国の若者たちのユニークで鋭い視点に、思わず頬がゆるんだり、考えさせられたりしました。
応募作品の中には「なぜ日本人女性は冬でもスカートをはくのか?」「なぜ日本人は食事の時に『いただきます』『ごちそうさま』と挨拶するか?」「なぜ日本人はしょっちゅうお辞儀をするのか?」といった内容のものが数多く見受けられました。いずれもよく調べて分析されていましたが、どうしても似たような内容や結論になりがちとなり、上位入賞作品にこれらの作文が選ばれるのは難しいという結果になりました。やはり審査においては、その学生さんならではの視点や観点、主張のオリジナリティーが重視されたように思います。
「わたしの先生はすごい」では、先生のあらゆる「すごい」点を並べた作品も中にはありましたが、それではかえって焦点が定まらず、先生の印象がぼやけてしまうようでした。ハッキリとわかりやすく、「一点集中」で先生の特徴をよくとらえた作品が上位に入賞したようです。
なお「わたしの先生はすごい」では、サブテーマを「第1回 日本語教師『総選挙』in中国」としました。これは、日々努力している日本語教師の姿を、学生側からより多く伝えてほしい、また佳作以上の上位入賞作品のうち複数取り上げられる「すごい」教師がいれば表彰したいと考えたことからでした。結果として上位作品のうちでは、一教師の名前が複数挙がるという事例は見受けられませんでした。残念でしたが、このメインテーマ「わたしの先生はすごい」は来年もテーマの一つとして考慮に入れたいと思います。
総じていえば、今回の応募作品もいずれも甲乙つけがたい素晴らしい作品が多く、査読員、審査員の頭を最後まで悩ませました。審査を終えたある審査員からは「多くの作文に共通していること」として「改めて(日中双方の)直接的交流の重要性と、そうした経験から導き出されたいわば等身大の意見や提言に大いに心を動かされるとともに、未来への希望を強く感じさせられた」という高い評価が寄せられました。
最終的にこのような結果となりましたが、順位はあくまでも一つの目安でしかありません。最優秀賞から佳作賞まで入賞した作品は、どの作品が上位に選ばれてもおかしくない優秀なできばえであったことを申し添えたいと思います。
いずれの作品にも、普段なかなか知り得ない中国の若者たちの「本音」がギッシリと詰まっていました。中には、日本人には思いがけない発見ができる新鮮な主張もありました。そうした彼ら彼女らの素直な「心の声」、まっすぐなメッセージは、一般の日本人読者にもきっと届くであろうと思います。
日本の読者の皆様には、本書を通じて中国の若者たちの「心の声」に耳を傾けることで、これからの日本と中国の関係を考えるほか、立場や視点を変えることで見えてくる日本のおかしさ、すばらしさを再認識するキッカケにしていただければ幸いです。
なお、本書の掲載順は基本的に査読員・審査員の採点表をもとにしていますが、なるべく同じテーマの作文が続かないよう、多少の調整を加えました。
■わたしの日本語作文指導法■
  第11回日本語作文コンクールでは、中国の学生を対象とした作文募集に合わせ、中国で日本語を教える教師を対象として、その指導体験や指導方法をまとめたレポートを初めて募集しました。
「わたしの日本語作文指導法」をテーマに2015年4月から8月まで募集した結果、中国各大学の15名の教師から16作品が寄せられました。いずれも実際の経験に基づき、独自に編み出され、また磨き上げられてきた貴重な指導法が明らかにされています。
本コンクールに参加される指導教師だけでも数百名に上ると見られますが、日本語教育のため日々多忙をきわめる中、多くの教師がこのレポート募集に応じてくださり、心より感謝を申し上げます。
本書では、コンクール受賞作品と合わせて「わたしの日本語作文指導法」16作品を全文、掲載しました。日本語教師をはじめ、語学教育に関心のある多くの皆さんに、ご参考にしていただければ幸いです。
「わたしの日本語作文指導法」は来年も募集し、できれば単行本化を実現させて、より多くの人のご参考に供したいと思います。
 
■謝辞■
  日本僑報社・日中交流研究所は、2005年から日中作文コンクールを主催しており、今年は第11回目を迎えました。この11年間、皆様のご支援とご指導のもとで多くの難関を乗り越えることができ、本コンクールは今や中国の日本語学習者の間で「最も権威ある日本語作文コンクール」「日中交流の貴重なプラットフォーム」として定着しつつあるようです。
今回は中国の28省市区(前回は24)の180校(大学、専門学校、高校、中学校。前回は196校)から、前回の4133本を大幅に上回る4749本もの応募がありました。またそれに伴い、主催者はこれを十分に考慮し、受賞者枠も三等賞と佳作賞において拡大。佳作賞までの受賞者数を計264名(作品)とし、受賞者数も過去最多を更新しました。
日中関係の改善が待たれる時期であったにもかかわらず、応募作が過去最多を記録したことで、中国の若者たちの日本への関心と日本語学習への意欲の高さが示された形となりました。
在中国日本大使館には第1回から後援していただいておりますが、第4回からはさらに「日本大使賞」を設け、歴代大使の宮本雄二氏、丹羽宇一郎氏、および現職の木寺昌人大使には、ご多忙の中、自ら大使賞の審査をしていただきました。ここで改めて、宮本氏と丹羽氏、木寺大使をはじめ大使館関係者の皆様に、心より御礼を申し上げます。
また、第2回から第6回までご支援いただきました日本財団の笹川陽平会長、尾形武寿理事長の本コンクールへのご理解と変わらぬご支持にも感謝を申し上げます。
これに引き続き第7回より協賛をいただいている株式会社ドンキホーテホールディングス創業会長兼最高顧問、公益財団法人安田奨学財団理事長の安田隆夫氏からは日本留学生向けの奨学金制度の設立など多大なご支援を賜りました。これは中国で日本語を学ぶ学生たちにとって大きな励みと目標になるものです。ここに心より感謝を申し上げます。
第9回からは、東芝国際交流財団にも協賛をいただいております。改めて御礼を申し上げます。
朝日新聞社には、坂尻信義氏(元中国総局長)のおかげで第7回から協賛をいただき、今回はメディアパートナーとしてご協力を賜りました。現任の古谷浩一総局長もかつて自ら遠方の受賞者を取材し、その記事を日本に伝えてくださいました。それは日中関係が厳しい状況にある中で、日本人が中国を冷静に見る一助になったことと思います。ここで両氏に敬意と感謝の意を表します。
また、谷野作太郎元中国大使、作家の石川好氏、国際交流研究所の大森和夫・弘子ご夫妻、さらにこれまで多大なご協力をいただきながら、ここにお名前を挙げることができなかった各団体、支援者の皆様にも感謝を申し上げます。誠にありがとうございました。
授賞式に参加、あるいは作品集を目にしたマスコミ関係の皆様が、各メディアを通して本コンクールの模様や作品集の内容を紹介してくださり、日中〝草の根交流〟の重要性や、日中関係の改善と発展のためにも意義深い中国の若者の声を広く報道されたことについても感謝を申し上げます。
中国で日本語教育に従事されている教師の皆様にも、ご支援とご協力に感謝を申し上げます。
これまでに中国全土の300以上の学校から応募がありましたが、このように広く展開できた上、今回の応募数が第1回(1890本)の2・5倍超に増加するなど、本コンクールが日本語学習者の間でこれほどまでに知名度を得られたのは、教師の皆様のご尽力のおかげです。
最後になりますが、応募者の皆さんにも改めて御礼を申し上げます。まず、皆さんの作文は本当にすばらしく、主催者はこれまで出版した作文集を何度も読み返してきました。そして、皆さんの若者ならではの活発な考えに刺激されることで、日中関係に対して前向きで明るく、楽観的な努力をしていく勇気とパワーを改めて湧き起こすことができました。
さらにこの11年間、先輩から後輩へと受け継がれてきたおかげで、本コンクールは今や中国の日本語学習者の間で、大きな影響力を持つまでになりました。現在、過去の応募者の多くが日中両国の各分野の第一線で活躍しています。
皆さんが学生時代に本コンクールに参加することが「日本語を勉強してよかった」と思えたり、日本への関心、特に日本語を専攻する誇りを高めたりすることに役立っていると聞き、私は主催者として大変励まされました。
日本語を身につけ、日本を理解する若者が中国に存在しているということは、日本にとっても大きな財産であり、必ずや両国の共存共栄の大きな力になることでしょう。
できることには限りがあり、さまざまな困難に直面しますが、日本語学習者のため、また日中両国の明日のため、私たちは11年目の歩みをしっかりと進めています。
皆様、引き続きご支援、ご協力くださいますようよろしくお願いいたします。
2015年12月吉日

▲このページの先頭へ



会社案内 段躍中のページ : 〒171-0021 東京都豊島区西池袋3-17-15湖南会館内
TEL 03-5956-2808 FAX 03-5956-2809■E-mail info@duan.jp
広告募集中 詳しくは係まで:info2@duan.jp  このウェブサイトの著作権は日本僑報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。