無言の愛
無言の愛
商品ID 88
商品名 無言の愛
価格 1,944円
商品説明
中国人作家高纓原著、田中須磨子訳、王敏監修したルポ集『無言の愛』は、日本僑報社より刊行された。
----------------------------------------------------
 「私と妻は世界で最大の苦痛を味わった親といえるでしょう。それは上の娘と次の息子が、続いて薬害による聾唖者になったからです。同時に私たち夫婦は、この世で最高にしあわせな親ともいえましょう・・・」本文より
----------------------------------------------------
目  次
序 
まえがき
 (最悪の苦しみを味わった最高の幸せ者) 
美しい夢 
大災難 
心のつながり 
大自然の力を借りて 
果てしない治療の道 
重  責 
人生のスタートライン 
離合集散 
離れて故郷を思う 
希望の妊娠 
小  苗(息子) 
二度目の悪運 
強靭な母親 
頼りあう姉弟 
反動勢力が街を襲う 
巣を覆されて 
新聞拾いの恩人 
戦火を逃れて 
陳さん 
再び別離 
父は豚飼い 
逃亡そして彷徨 
父と子家へ帰る 
入  学 
苦の中に楽あり 
娘の基本能力を考える 
朱佩君先生にお願いする 
芸術の門をたたく 
才能を駄目にすることはできない 
他の人より十倍励まなければならない 
どら息子 
家  風 
舟は転覆せず 
国の幸福は家の幸福 
大地を読む 
潜在的な激情 
境  地 
めぐり逢い 
娘の結婚 
息子の視野 
びっくり仰天 
芸術の殿堂に踏み込む 
絵画展にて 
大難にも死なず 
兄妹の深い愛 
家庭での批判会 
一歩一歩苦しみを経て 
楠を作る 
香港からの郵便物 
初の日本訪問 
名誉を戴いて帰る 
再び大志を抱く 
一匹の野生馬 
恩師を亡くす 
芸術のバトン 
《家―系列》  
再び日本へ飛ぶ 
終末部ではない 
附 文 
崇高な師の作品/柳暗花明又一村 《窮しても道は開ける》(陸游の詩)/布売り民謡(小学校時代の先生の記憶)/千里の師を尋ねて
監修に寄せて 
訳者あとがき 
 
数量 (ご注文数をお入れください)

  ご注文画面にすすむ   ご贈答用注文画面にすすむ 戻る