日中関係進化への新しい試み
日中関係進化への新しい試み
商品ID 84
商品名 日中関係進化への新しい試み
価格 1,512円
商品説明
本書は、東アジアという大きな枠組の中、日中両国民の相互理解と交流を十分に深めていくことによって、感情的な壁を乗り越えることができるという視点から、政府レベルの外交関係の改善とともに、地域交流の拡大と住民同士の相互理解がますます重要となり、より多く隣の国のことを知り、お互いに考え方や行動を理解していく必要があると主張している。
 本書は、中国の東北アジア研究、特に日本研究の現状と動向を分析した上で、日中関係の現状を踏まえ、新しい日中関係をいかに築いていくかキーワードの一つとして、環境協力分野での日中国際協力促進が、日中両国民の意思疎通、相互理解にもっとも有効で、現実的な方法だと提案した。また、著者が日本で客員研究員として勤めていた過去の一年間に、日本の政治、外交、経済などの各分野に関して考察し、書き下ろした幾つかの短評も収めた。
--------------------------------------------------------
●目次●
発刊に寄せて  (財)とっとり総研常務理事 宮谷正信
----------------------------------------------
まえがき
----------------------------------------------
第一章 「対日外交新思考」論争から日中関係の現状を見る
 ◆第一節 中国における東北アジアおよび日本研究の流れ
 ◆第二節 東北アジア及び日本研究の特徴と変化
 ◆第三節 日本研究の新しい動向:対日外交「新思考」論争の意味
----------------------------------------------
第二章 環境協力の促進:新しい日中関係を開けるキーワード
 ◆第一節 環境保全と社会経済発展のバランスを保つ必要性
 ◆第二節 日中環境協力の現状と課題――環境教育協力を中心に
 ◆第三節 国際環境協力と地方自治体の役割
----------------------------------------------
第三章 国際理解と協力こそ地域の平和と発展を寄与
 ◆第一節 『地域間交流が外交を変える』を読む
 ◆第二節 海外ビジネス成功の要因は何処にあるか
 ◆第三節 「イラクの遺産」をどう見るべきか
 ◆第四節 八月六日広島の夜
----------------------------------------------
第四章 日中関係進化のために
 ◆第一節 問題の提出
 ◆第二節 日中コミュニケーション・ギャップの現状とその要因
 ◆第三節 国際理解を促進するための提言
あとがき
 
数量 (ご注文数をお入れください)

  ご注文画面にすすむ   ご贈答用注文画面にすすむ 戻る