『日本に対する偏見が解けてゆく』
『日本に対する偏見が解けてゆく』
商品ID 176
商品名 『日本に対する偏見が解けてゆく』
価格 1,944円
商品説明
中国の大学生(日本語科)が想う「日本」とは?
日本人が作った「日本語教材【日本】」
感想文コンテスト入賞作67編

【内容紹介】


『日本』感想文コンテストの入賞作67編
「日本への理解が深まり、日本が好きになりました」「日本に対する印象が変わりました」「日本人はもう敵ではありません」……。
夫婦で発行・寄贈する日本語教材『日本』への感想文コンテストに、中国の108大学から3023編の応募があった。本書には、日本への率直な思いが伝わる入賞作67編を収録。


日本語を学ぶ学生からの熱いメッセージ
歴史問題を抱える日本と中国が真の友好を築くことは容易ではないが「中国の大学で日本語を学ぶ学生たちの明るい表情、教師の真剣な取り組みがある限り、日中間の安定した友好関係構築も夢ではない」(まえがき)。
中国の大学生たちが想う「日本」を知るだけでなく、彼らからの熱いメッセージが伝わる力作がそろう。


-------------------------------------------------------
マスコミに取り上げられたこの本の 書評はこちら
-------------------------------------------------------

【目次】
一部 「日本語教材【日本】」の「感想文コンテスト」 
二部 「日本語教材【日本】」寄贈と『日本語作文コンクール」
三部  そのほかの活動 


【編著者略歴】
大森和夫
1940年東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒。
朝日新聞記者(大分支局・山口支局、福岡総局、政治部、編集委員)を経て、
1989年1月、国際交流研究所を設立。
大森弘子
1940年京都府生まれ。京都女子大学短期大学部家政学科卒。


【受賞歴】
○ 国際交流功労者・文部科学大臣表彰(2003年)
○ 第12回・東亜同文書院記念賞(2005年)
○ 中国日語教育貢献奨(中国日語教学研究会。2006年)……ほか多数
-------------------------------------------------------
『日本に対する偏見が解けてゆく』中国の大学生が想う「日本」とは
編著者 大森和夫・弘子
出版 日本僑報社
判型 四六判 224頁並製
定価 1800円+税
発売 2014年10月28日
ISBN 978-4-86185-176-6 C0036
注文先 http://duan.jp/item/176.html
-------------------------------------------------------
 
数量 (ご注文数をお入れください)

  ご注文画面にすすむ   ご贈答用注文画面にすすむ 戻る