湖南省と日本の交流素描―中国を変えた湖南人の底力
湖南省と日本の交流素描―中国を変えた湖南人の底力
商品ID 106
商品名 湖南省と日本の交流素描―中国を変えた湖南人の底力
価格 2,052円
商品説明
湖南省と日本の交流史を知る上大変貴重な一冊です。この本の出版を機に、一層日中友好が深まるように期待します。
石川好氏の著書『湖南省と日本の交流素描』を推薦します、ぜひご一読下さい。
日本湖南省友の会 日本湖南人会特別顧問
元内閣総理大臣
村山富市
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【内容紹介】
 今から100年以上も前、湖南省と日本の間には深いつながりがあった。それは日中2000年の交流史の中で最も友好的な時代であった――。
 この事実を果たして今どれだけの人が知っているだろうか。日本に学び「中国の西郷隆盛」と呼ばれた中国の若き湖南人革命家黄興、湖南人の熱い気質に憧憬の念を抱き自ら長沙を旅した文人芥川龍之介、毛沢東は辛亥革命を支えた革命家宮崎滔天に直筆の手紙を送っていた・・・。
 歴史の片隅に追いやられていたこれらの意外な事実から、これまで知り得なかった日中交流の新たな側面が浮かび上がる。
 本書には、忘れ去られてしまった湖南省と日本の魂の交流にスポットを当てることで、読む人に改めて日中交流のあり方を見つめ直してもらい、両国間に再び美しい友好の花を咲かせたいという願いが込められている。
---------------------------------------------
マスコミに取り上げられたこの本の 書評はこちら
---------------------------------------------
【著者紹介】 
石川 好(いしかわ よしみ) 1947年東京都大島町(伊豆大島)生まれ。大島高校卒業後、米カリフォルニア州に渡って、長兄の農園で働く。慶應義塾大学法学部卒業後、再渡米。1989年『ストロベリー・ロード』で第20回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。現在は、ノースアジア大学客員教授、山形県酒田市立美術館長などを務める。前「新日中友好21世紀委員会」日本側委員、湖南大学客員教授、日本湖南省友の会共同代表、NPO法人日中交流支援機構顧問。
【訳者紹介】
日本湖南人会(担当順:段躍中、張景子、張盛開、傅国良、彭鋼、倪ト枚、張剣波、林敏潔、趙新利、王征、尤海燕) ホームページhttp://hunan.jp/
---------------------------------------------
書 名 湖南省と日本の交流素描―中国を変えた湖南人の底力
著 者 石川 好
訳 者 日本湖南人会
定 価 1900円+税
発行日 2010年12月26日(毛沢東の誕生日)
発売日 11月11日
注文先 http://duan.jp/item/106.html
 
数量 (ご注文数をお入れください)

  ご注文画面にすすむ   ご贈答用注文画面にすすむ 戻る