中国人特派員が書いた日本
中国人特派員が書いた日本
商品ID 08
商品名 中国人特派員が書いた日本
価格 3,024円
商品説明
記者交換協定が締結されて三十五周年、その間に中国から日本に派遣された駐在記者は累計百五十人に達する。本書は、彼らが東京で働き、生活していた頃の思い出を書いたものもあれば、日本の友人の追憶、あるいは日本社会を観察し、分析した文章などで構成される。三十五年来の初の一冊、日中関係研究に不可欠の生証言である、知日派達の日本観を知る絶好の一冊。
-----------------------------------------------------------------------------------
序 文:中国駐日本国特命全権大使 陳 健
-----------------------------------------------------------------------------------
追憶編
呉学文劉延州:中日友好の基礎を築く――小平同志の初来日と中日平和友好条約の締結を想う
呉学文: 東京からの第一報
劉徳有: 四度住まいを変える
劉延州: 「事務局長」と呼ばれて
劉延州: 日本での最初の正月――中島健蔵先生を偲んで
陳泊微: 特派員時代の思い出
-----------------------------------------------------------------------------------
源流編
張煥利: 徐福上陸の地を訪ねて
孫東民: 終に明月を携え天平に耀く――鹿児島紀行
張雲方: 桜の季節
張雲方: 菊の思い出
王菁文: 一年一度の餃子宴
-----------------------------------------------------------------------------------
朋友編
于 青: 二つの葬儀
李順然: 井上靖と黄河・長江――日本駐在中のインタビューを振り返る
王大軍:植樹にかけた想い――菊池善隆氏逝去三周年を偲んで
楊国光: 川田泰代さんと中国
徐啓新: 日本で知り合った人々
林国本: 老記者中俣富三郎氏
李徳安: 風雨同舟50年――日本国貿促理事長・中田慶雄氏のこと
駱為龍: トラック野郎と一緒に
田家農: 安井正幸氏をめぐる幾つかの出来事
-----------------------------------------------------------------------------------
取材編
張虎生: 現実と理念がぶつかる音――大江健三郎取材録
祝寿臣:「経営の神様」と中国文化――松下幸之助氏の取材を振り返る
黄鳳珍: 一村一品運動――平松守彦氏を訪ねて
李徳安: 両国に黄金の橋をかける――『人民日報海外版』日本発行代理人秋岡家栄氏を訪ねて
趙瑞雲:朱栄根:灯かりを掲げて新世代を導く――筆宝教授と学生の島調査記
張可喜: 飾り気のない言葉――山谷の詩人・岩崎母郷さん
駱為龍: 美しいハマナスの花
呉学文: 沖縄紀行
周瑞金: 沖縄三題
-----------------------------------------------------------------------------------
経済編
趙文斗: バブル経済の興隆と崩壊
姜 波: 軽井沢の回想
劉文玉: 繁栄の陰の犠牲者たち
張進山: 地下の別世界――東京の地下街
李守貞: ハイテク・デパート訪問記
呉仲国: 「ハエの島」は今
-----------------------------------------------------------------------------------
社会編
孫東民: 昭和から平成へ――昭和天皇崩御
蒋道鼎: 日本を揺るがした婚約発表
陳志江: 忘れられない出来事――阪神淡路大震災現場取材記
兪宜国: 地震の非情さ 人の暖かさ――神戸被災区におけるボランティアの活躍
李東光: 桃源郷と呼ばれる場所――ヤマギシ地球村を訪問
王 健: 山菜の味わい
張国成: 演歌・温泉・お酒
蘇海河: 日本のマスコミに対する印象
孫東民、黄 晴:三田町の情景
林小利、劉利利:日本社会との闘い
王泰平: 私の日本料理論
黄 晴: 日本の歩む道
-----------------------------------------------------------------------------------
人情編
陳耐軒: 「下町人情」
孫文清: 白衣の天使の微笑み
王慶英: 街角で出会った老婆
馬巧琴: 親子心中の痛ましさ
-----------------------------------------------------------------------------------
名勝編
王大軍: 富士山頂に登る
陳理昂、朱鉄英:対馬の今と昔
張雲方: 広島の聖火
-----------------------------------------------------------------------------------
歴史編
江 冶: 戦争と平和の概念
李仁臣孫東民張国成:歴史の示す未来――8月15日の意味するもの
-----------------------------------------------------------------------------------
中国語版あとがき
関直美:訳者後記
 
数量 (ご注文数をお入れください)

  ご注文画面にすすむ   ご贈答用注文画面にすすむ 戻る