日中国益の融和と衝突
日中国益の融和と衝突
商品ID 078
商品名 日中国益の融和と衝突
価格 8,208円
商品説明
関東学院大学教授・殷燕軍著、飯塚喜美子訳。
A5判上製、300ページ。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【内容紹介】日中間では、国益の融和と衝突が、ほぼ同率で存在している。両国は「運命共同体」という依存関係にあるが、同時に、国益を巡る対立と排斥も目立つ。日中関係の根本的な改善は、国民レベルの相互信頼を醸成し、互いに国益において戦略的妥協が求められている。−−本書より抜粋
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
マスコミに取り上げられたこの本の 書評はこちら
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆目次◆
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
序 章
  一、日中関係の基本評価
  二、日中関係の基本問題について
  三.国民感情の摩擦と互いの発展傾向に対する基本的評価
  四.戦略的互恵関係とその中身
  五.両国民とも相手国に対するイメージが悪い
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
第一章 日中関係の回顧と現状分析
 第一節 日中関係の政治的基礎
  一.共同声明で合意した共通認識と妥協点
  二.日中間の意見相違及び対立
 第二節 法的基礎
  一.友好条約の内容
  二.友好条約の性質と位置付け
  三.戦後日中関係における日台[華]条約の位置付け
  四.日本政府と最高裁判所の日台[華]条約に対する解釈の矛盾
 第三節 経済基礎
 第四節 社会(民衆)的基礎
  一.歴史感情
  二.現実感情
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
第二章 日中の政治的戦略的利益の分析
 第一節 中国の政治利益
  一.政治(内政)利益
  二.中国の外交利益
 第二節 日本の政治利益
  一.日本国家の政治利益
  二.日本国家の外交利益
 第三節 日中双方の政治と外交利益の合致点
  一.国益面での合致点
  二.互いの戦略意図をどう解読するか
 第四節 政治及び外交利益上における相違点と衝突
  一.両国の問題関心の相違点
  二.国情の違いと国家的価値観の差異
  三.日中の国家政治、外交利益での対立点
  四.外交政策上の違い 外交政策上の違い
  五.政治体制とイデオロギーの差異
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
第三章 日中の安全保障利益
 第一節 安保情勢判断による国家安保戦略に与える影響
  一.日中両国の国際情勢判断に対する歴史的教訓
  二.相手の情勢と安保政策に対する日中の分析
 第二節 日中それぞれの安保利益
  一.伝統的安保利益
  二.非伝統的安保利益
  三.日本の安保利益
 第三節 日中の安保利益面での合致点
 第四節 日中安保利益の衝突
  一.領土争論
  二.東海(東シナ海)油田問題
  三.台湾海峡の安全面での対立
  四.日米同盟に対する認識相違点
  五.日本の防衛力(軍事力)の評価
  六.中国の軍事力の評価
  七.中国脅威論と日本脅威論の並存
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
第四章 日中の経済利益面での融合と対立
 第一節 中国の経済利益
 第二節 日本の経済利益
 第三節 双方の経済利益の融合
 第四節 双方の経済利益の衝突
 第五節 各自の経済利益
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
第五章 日中社会文化の利益融合と衝突
 第一節 日中の社会文化面の異同
 第二節 日中文化の比較と哲学思想
  一.イデオロギー
  二.価値観
  三.現代中国の革命
  四.革命のない日本
 第三節 日中文化利益の相互融合
  一.民族主義問題
  二.社会文化の帰属意識
  三.日中文化と人的交流―相互融合
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
第六章 日中戦略的互恵関係の範囲
 第一節 日中関係のそれぞれの外交政策に置ける位置
 第二節 互恵メカニズムの内容と外枠
 第三節 日中戦略的互恵関係の可能性と現実の隔たり
  一.互恵の可能性
  二.日中関係の制約的要素
  三.双方のわだかまりと歩み寄り
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 結論と思考
 後書き
 注
 
数量 (ご注文数をお入れください)

  ご注文画面にすすむ   ご贈答用注文画面にすすむ 戻る