日本僑報社の新刊

『日中外交関係の改善における環境協力の役割』

SankeiBizで紹介される

 

 

 

【日本僑報社発】日本僑報社の新刊『日中外交関係の改善における環境協力の役割―学生懸賞論文集』の受賞論文がこのほど、産経新聞グループの総合経済情報サイト「SankeiBiz」(サンケイビズ)で紹介された。

 

「日本文学翻訳のレベルアップ」と題し、拓殖大学名誉教授の藤村幸義氏が「専欄」(コラム)で取り上げたもの。

 

藤村氏は、同懸賞論文の2016年度の最優秀賞を受賞した「21世紀中国における日本文学翻訳の特徴」という北京第二外国語学院の大学院生の論文を紹介。論文筆者が丹念な調査・分析により見つけ出した最近の中国での日本文学翻訳における新しい傾向――「原文にできるだけ忠実な翻訳が試みられている」などという点に注目した。

 

その上で、「訳者ができるだけ忠実に翻訳するように心がけ始めたことで、日本社会の理解や認識がこれまでよりも進むのは間違いない。日本の言葉がそのまま中国社会に入って、日常的に使われるケースも出てこよう。日中交流が停滞する中で、日本文学翻訳のように相互理解を深めようと努めている人々がいることを忘れてはなるまい」と結んでいる。

 

最優秀賞を受賞した楊湘云氏の「21世紀中国における日本文学翻訳の特徴」は、若者が考える「日中の未来」シリーズの第三弾『日中外交関係の改善における環境協力の役割―学生懸賞論文集』に収められている。

 

■『日中外交関係の改善における環境協力の役割―学生懸賞論文集』

監修:宮本雄二(元中国大使)

編者:日本日中関係学会

出版:日本僑報社

http://duan.jp/item/236.html 

 

SankeiBiz【専欄】「日本文学翻訳のレベルアップ」 拓殖大学名誉教授・藤村幸義氏

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170411/mcb1704110500007-n1.htm